ロゴ

専門学校へ行って臨床工学技士を目指す

今、医療関係に就職する若者が増えてきています。その中でも注目されている陳勝工学技士、臨床工学技士は呼吸療法業務や人工心肺業務に血液洗浄業務など患者さんの命に関する業務を行います。臨床工学技士の資格を取得するには厚生労働省で定められた学校で勉強する必要があります。

臨床工学技士を目指した理由で多いものBEST3

男性
no.1

人の役に立ちたい

言語聴覚士や臨床工学技士を目指した理由で最も多いのは誰かの役に立ちたいという理由が多いです。特に臨床工学技士は医療現場で患者さんの命に係わる仕事をします。人の命に関する仕事をしたいという希望者が年々増加していることから、臨床工学技士は注目されています。

no.2

医療関連に興味がある

今、医療関連のドラマが高い人気があり、人の命を救っている医師やその周りのスタッフの働きに感動し、医療関係に興味を抱いている人が多いです。何等かの影響を受けて、医療関係に興味をもった若者が増え、臨床工学技士を目指している人がいます。

no.3

資格があるからどこでも働ける

臨床工学技士は国家資格です。この資格は一生ものの資格なので、女性の場合は出産して現場を離れても、資格さえあればまた職場へ復帰することや経験があれば転職も可能ということもあってこの臨床工学技士は女性にも人気が高い国家資格となっています。

人それぞれきっかけは違うけど目指すところは同じ

臨床工学技士を目指すきっかけは十人十色、一人一人異なります。元々医療に興味があったという人もいれば人の役に立ちたいという考えの人もいます。しかし、理由は違っても目指すところは臨床工学技士という同じ夢を目指すことになります。同じ夢や目標を掲げている仲間と切磋琢磨しながら学校で学ぶことによって、人間的にも大きく成長することが出来るでしょう。また、学校では、専門的な知識や技術だけでなく社会に出てからのマナーも指導してもらえます。

臨床工学技士と臨床検査技師の違い

臨床工学技士

臨床工学技士は主に医師の指示に従って作業をおこなっていきます。主な作業内容が人工透析装置や人工透析装置などの装置を扱い、生命の維持に関する大切な機器の取り扱いや安全に正しく機械が使えるか保守点検を行っていきます。

臨床検査技師

こちらも医師の指示で患者さんの臨床検査を行います。臨床検査技師とは、尿検査や血液検査などの検体検査に心電図検査や呼吸器検査などの整理機能検査などを行います。以前は医師が行っていましたが、今は作業の分担化で専門職のスタッフが行います。

医療にもっと興味を持とう!臨床工学技士を目指せる学校で学ぶ

男女

学校の実習で臨床工学技士になる準備をする

臨床工学技士になるには、厚生労働省認可の学校へ入学し、きちんと専門知識を学ぶ必要があります。臨床工学技士は命に係わる大切な機械を取り扱ったり保守点検まで行ったりします。そのため、専門知識だけではなく実技の勉強もしっかりと行う必要があります。まずは患者さんの命を守る機材の名前をしっかりと把握し、使用方法を覚える事が基礎です。実際の医療現場では、医師の指示でスムーズにこれらの機材を扱わなければいけません。たった1分でも遅れると、それだけ患者さんの命の危険も高まることになるので、学校では実際の現場で生きる知識と技術、スピードをしっかりと学んでいきます。

広告募集中